懸命に花を生け、記念写真に収まる園児たち=吉野ヶ里町の東脊振幼稚園

懸命に花を生け、笑顔を見せる園児たち=吉野ヶ里町の東脊振幼稚園

懸命に花を生ける園児たち=吉野ヶ里町の東脊振幼稚園

 吉野ヶ里町の東脊振幼稚園(三好千春園長)で15日、卒園を間近に控えた年長園児39人がフラワーアレンジメントに挑んだ。17日の卒園式で母親に渡すことにしており、園児たちは真剣な表情で花を生けていた。

 日ごろから花を摘んでくることが好きな園児が多く、親孝行の意味を込めて2012年度からスタートした。この日は、カーネーションやガーベラ、スイートピーとスターチスの4種類の茎を切り落とし、一本一本、丁寧に差し込んだ。

 作り終えた園児たちは「楽しかった。いいにおいがした」と笑顔。卒園当日を待ち望み、「『いつもありがとう。大好きだよ』って言って渡す」と白い歯をのぞかせていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加