佐賀市富士町の「笹沢左保記念館」が17、18の両日、無料開放される。記念館を管理するミサワホーム佐賀が、特別協賛している「さが桜マラソン」(18日)の開催を記念して入館料(300円)を無料にする。

 時代小説「木枯らし紋次郎」などで知られる笹沢さんは、1988年から2001年まで県内で暮らし、うち7年間は富士町で過ごした。350冊以上ある著作のうち約100冊をこの邸宅で執筆した。

 記念館は、笹沢さんが同町に移住した際に建てた邸宅をそのまま利用。仕事場だった離れを公開している。在宅当時の趣をできるだけ生かしつつ、手書き原稿や資料写真の展示、笹沢さんが使用していた本棚に閲覧可能な著作本を並べている。

 開館時間は午前10時~午後5時。問い合わせは同社、電話0952(23)7141。

このエントリーをはてなブックマークに追加