ハニーズの一員としての抱負を語るMAYUMIさん

 プロ野球・ソフトバンクホークスを後押しするダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」の2018年度メンバーとして活動する佐賀県出身のMAYUMIさん。ダンスの魅力やこれからの抱負などについて聞いた。

■ダンスを始めたきっかけは

 もともと、幼稚園のお遊戯会で真ん中で踊るタイプの女の子だったと母が言っていた。それぐらい、小さい時から踊ることが好きだった。小学校3年生の時に、近くの体育館でダンスの体験会に行ったことがきっかけで、ずっと続けている。

■ダンスの魅力は

 最初は遊びくらいだったけど、中学生、高校生になって魅力が分かってきた。人前で話をすることが苦手だけど、ダンスだと人前に立っても全然恥ずかしくない。普段、あまり表に出せない自分を表現できることに引かれた。

■どういうふうに自分を表現していきたい?

 ダンスは音楽に合わせて、表情とか角度とかでかっこよさの伝わり方が変わってくる。女性らしさをしゃべりでは表現しづらいけど、ダンスだと体を使って表現できる。言葉以上のものをダンスで表現したい。

■ハニーズでの目標

 ハニーズは元気で明るいというイメージがパッと思い浮かぶ。そこに、かっこよさが浮かぶようにしたい。ハニーズはかわいらしさとか元気に加えて「かっこいいダンサーなんだ」と新しく思ってもらえるようにしたい。

■オーディションはどうでしたか

 ダンス審査は自信を持ってやれた。面接は、審査員の方もたくさんいて、不安になるかなと思ったけど、会場に入ったら、雰囲気がすごく良くて全然緊張しなかった。考えてない質問をされてもすぐに言葉が出て、素直に言えた。

■ハニーズに決まった時の気持ちは

 めっちゃうれしくて、飛び跳ねたかった。だけど、その気持ちを抑えて、背筋を伸ばして「はい」と言った。でも内心どきどきが止まらなくて、結果を発表される前よりも、(発表されてからの方が)うれしすぎてどきどきしていた。

■たくさんのダンスを見てもらいたいですね

 私たちの仕事は見てくれる人がいないと成り立たない。応援してくれる家族や親戚、見てくれるファンの人たちに感謝をして、それ以上のパフォーマンスでお返しができるようにダンスに対する熱い思いとかを詰め込んで最高のパフォーマンスをしたい。

■県民にメッセージを

 今年から入ったMAYUMIです。私はすごくダンスが大好きで、キレキレのダンスをして皆さんを盛り上げる自信がある。「佐賀県出身のダンサーです」と胸を張って言えるようになりたい。皆さん試合を見に来てください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加