鳥栖―神戸 前半、相手選手をかわしながら攻め込む鳥栖MF高橋義(手前)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 JリーグのYBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節は14日、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで8試合があり、D組のサガン鳥栖はヴィッセル神戸に0-2で敗れた。鳥栖は2連敗。

 A組のFC東京は16歳の久保がカップ戦の最年少得点記録を更新するゴールを決めて新潟を1―0で下し、初勝利を挙げた。B組でJ2から参加の甲府は清水を1―0で破って2連勝。D組の長崎は湘南を2―1で下し、J1昇格後の公式戦初勝利を挙げた。

 鳥栖は第3節の4月4日午後7時から、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎でV・ファーレン長崎と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加