「祭姪稿」

川内優果(武雄2年)
 今回初めてこの古典に挑戦しました。文字にうまくかすれを出し、重厚な線で書くことを意識しました。
 

 

 

 

 

 

「礼器碑」

里山素蘭(伊万里2年)
 鋭く重厚な波磔を意識し、字間や左右の文字の高さの統一に気を付けて制作しました。努力が結果につながり、特選を取れてうれしかったです。
 

 

 

 

「王鐸」

井上春佳(小城2年)
 文字のつながりに強弱を付け、力強さや流れを意識して書きました。また余白と文字のバランスにも気を付けました。

このエントリーをはてなブックマークに追加