ボクシングの東洋太平洋フライ級タイトルマッチは13日、東京都の後楽園ホールであり、鳥栖市出身の王者中山佳祐(29)は、挑戦者のジェイアール・ラクイネル(フィリピン)に9回KO負けした。2度目の防衛とはならなかった。

▽東洋太平洋フライ級タイトルマッチ12回戦

ジェイアール・ラクイネル(フィリピン)50・6キロ

 KO9回2分1秒

中山 佳祐(ワタナベ)50・8キロ 

このエントリーをはてなブックマークに追加