伊万里高野球部に米や肉を贈ったJA伊万里の岩永康則組合長(左)と犬塚晃海主将=伊万里市の同校

 JA伊万里とJAグループ佐賀は13日、選抜高校野球大会に出場する伊万里高野球部に特産の肉や米を贈った。「佐賀牛を食べて対戦相手を牛耳って」と激励した。

 JA伊万里からは豚肉約10キロや長粒米30キロなど、JAグループ佐賀からは牛肉10キロや米50キロなどが贈られた。

 同校であった贈呈式では、JA伊万里の岩永康則組合長が「伊万里市の高校で初の甲子園1勝を挙げてほしい」と期待を掛けると、犬塚加代子校長は「さくらポークを食べてトコトン頑張って勝ちたい」と応えた。

 大会は16日に組み合わせ抽選会があり、23日に開幕する。犬塚晃海主将は「たくさんの人の応援をあらためて実感した。おいしいものを食べて力を付け、本番に臨みたい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加