財務省は、職員への聞き取り調査の結果、14件の文書改ざんは国会答弁との整合性を保つため、理財局の独断で行われたとの見解を改めて示した。大臣官房などへの相談はなかったとみているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加