築年を重ねる建物が並ぶ宿場町

 長崎街道の宿場町として栄えた塩田津は、有明海の干満差を利用した川港としても発展。古い建造物が残る街並みは、重要伝統的建造物群保存区に指定され、当時を偲(しの)ばせる景観が守られています。町並みを

見るには、歩いてみるのが一番。しばし、タイムトリップといきましょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加