バドミントンのドイツ・オープンは11日、ミュルハイムで各種目の決勝が行われ、男子ダブルスで井上拓斗(玄海町出身)、金子祐樹組(日本ユニシス)がインドネシアのペアを2―0で破り優勝した。

 女子シングルスは第1シードの山口茜(再春館製薬所)が陳雨菲(中国)に2―1で勝ち、2連覇を果たした。

 ダブルスは女子の福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)が中国ペアを2―1で破り、昨年に続いて優勝した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加