知的財産権について解説した本夛伸介弁理士=佐賀市のグランデはがくれ

 特許や商標、著作権といった知的財産権を学ぶセミナー(日本弁理士会九州支部、日本弁理士会主催)が佐賀市であった。同支部佐賀県幹事の本夛(ほんだ)伸介氏が県内の中小企業や行政の担当者に対し、知的財産権を巡るトラブルや活用の利点を説明した。=写真

 著作権について、日本音楽著作権協会(JASRAC)が未契約の飲食店にBGM使用料の支払いなどを求めた判例を挙げ、「著作権は知財の中でも複雑。店舗面積で使用料も変わってくる」と注意を促した。

 商標に関しては、取得することで商品名などの不正使用を防ぎ、ブランドを保護することにもつながると説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加