個性豊かな64点が並んだ伊万里美術協会の作品展=伊万里市民センター

 伊万里美術協会(犬山英雄会長、24人)の作品展が9~11日、伊万里市民センターで開かれた。日常や旅先での風物を描いた油絵と水彩64点を展示し、さまざまな作風で来場者を楽しませた。

 会員が新作を出し合い、会場には静物画や風景画、肖像画などが並んだ。会員の年齢は60~70代。元美術教師など長年絵と親しんできた人が多く、0~8号の小品ながらも見応えある展観となった。同協会は春と秋に作品展を開き、春に小品、秋には大作を披露している。

このエントリーをはてなブックマークに追加