「第6回スポーツツーリズム・コンベンションin佐賀」(佐賀県、日本スポーツツーリズム推進機構主催)が15、16の両日、佐賀市のグランデはがくれで開かれる。スポーツを通した地域活性化について、講演やパネルディスカッションで知識を深める。参加無料。

 15日午後3時35分から、サッカーJ1サガン鳥栖を運営するサガン・ドリームスの竹原稔代表取締役社長らが「地方におけるこれからのスポーツツーリズム」と題してパネルディスカッションを行う。

 それに先駆け午後2時10分からスポーツ庁スポーツ総括官の平井明成氏や、同機構理事で東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会参与の上治丈太郎氏の基調講演がある。午後5時半から同会場で懇親会(参加費5千円)も開く。

 16日は午前9時半から、スポーツ振興に関する講演や、全国各地にあるスポーツツーリズム推進組織の取り組みについて情報交換するワークショップを予定している。

 申し込みは同機構のウェブサイトかメール、info@sporttourism.or.jpへ。問い合わせは同事務局、電話03(6441)2045。

このエントリーをはてなブックマークに追加