武富礼衣さん

 2月に男女を通じて佐賀県初の将棋プロ棋士になった武富礼衣さん(18)=佐賀市=が9日、東京・将棋会館であった第45期岡田美術館杯女流名人戦予選決勝で小高佐季子女流2級(15)を破り、日本将棋連盟の規定で女流初段に昇段した。

 得意の居飛車穴熊でペースを握り、危なげなく勝利を収めた。女流名人戦の予選決勝に勝てば、同名人位への挑戦権をかけたリーグ戦に参加できる。リーグ入りが初段昇格条件の一つで、この条件を満たした。

 大一番を制した武富さんは「昇段はうれしいけれど、タイトル挑戦をかけたリーグ戦に入れたことが大きい」と上を見据えた。

 4月からのリーグ戦では里見香奈女流名人(26)への挑戦権をかけてトップ女流棋士9人と争う。「強い方たちと対戦できるからモチベーションが上がる」と武富さんは話し、4月から立命館大学で学生生活を送りながら挑戦権の獲得を目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加