約60人が集まり、当日の運営の動きなどを話し合った=佐賀市の県スポーツ会館

 18日に開かれる「さが桜マラソン2018」を前に佐賀陸上競技協会は10日、佐賀市の県スポーツ会館で審判説明会を開いた。約60人が集まり、当日の各担当の動きや交通規制の区間などを確認した。

 走路監察・計時・収容関門などに分かれ、当日の動きについて説明を受けた。ランナーの体調不良など緊急時の対応や、審判員の配置なども話し合っていた。

 さが桜マラソンは、佐賀新聞社、佐賀陸上競技協会、佐賀県、佐賀市、神埼市主催。ミサワホーム佐賀が特別協賛する。

このエントリーをはてなブックマークに追加