福祉車両が届いた「ともしび」の利用者ら=佐賀市のともしび

 佐賀市鍋島町のNPO法人「ともしび」(江頭邦子理事長)に9日、全国31の民間放送局で構成する24時間テレビチャリティー委員会から福祉車両1台が贈られた。

 贈呈された福祉車両は、6人乗りの電動リフト付きワゴン車。障害者や難病患者のための福祉事業所を運営するともしびでは、電動リフトの付いた車両は初めてで、施設の利用者と職員はその作動状況に感心していた。

 納車を楽しみに待っていた利用者は、車のドアを開けるなどして「新車の香りがする」「ピカピカだ」と目を輝かせた。江頭理事長は「待ちに待った一台。車いすを利用する方がお出掛けしやすくなる」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加