花の苗木で春の訪れを感じる来場者=佐賀市松原2丁目

 佐賀城下ひなまつりに合わせ、緑に親しんでもらう「春の花はなマーケット」が10日、佐賀市松原2丁目の芝生広場で開かれた。家族連れは、花の苗木などを見て春の訪れを感じていた。

 佐賀市の主催で、造園業者でつくる佐賀市緑進会の協力した。プロに指導してもらいながら寄せ植えやこけ玉作りに挑戦した。北川副小5年の深川ひよりさんは「こけ玉は初めて作ったけど、難しかった」と話し、大切そうに持ち帰っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加