展示会で並んだ佐賀トヨペットの歴代受賞作品など=佐賀市巨勢町のモラージュ佐賀

 自動車販売会社「佐賀トヨペット」(内田健社長)の創立60年を記念する「高校生クリエーターの新聞広告」展示会が10日、佐賀市のモラージュ佐賀で始まった。新聞広告に採用された作品をはじめ、16年にわたる同社の受賞作品など約60点を紹介している。25日まで。

 新聞広告企画は佐賀新聞社が2002年から実施し、同社は初回から協賛している。県内の高校生がトヨタ自動車の「プリウス」や「シエンタ」などの新聞広告を制作していて、写真やイラストを駆使して車の魅力を表現したり、ユニークなキャッチコピーを盛り込んだりした作品が並んでいる。

 過去に新聞掲載に採用された人が当時を振り返るメッセージもある。同社の担当者は「大人には思いつかない自由な発想で制作していて、いろんな視点から車を紹介している作品を楽しんでもらえれば」と話す。展示会の後は、佐賀トヨペットの各店舗で順次展示する。

このエントリーをはてなブックマークに追加