蔵開きで、限定販売の生酒を試飲する来場者=佐賀市久保田町の窓乃梅酒造

 酒蔵の佐賀市久保田町の「窓乃梅酒造」で10日、蔵開きがあった。大勢の日本酒の愛好家らが訪れて飲み比べを楽しみ、物産展やイベントなどでにぎわった。

 会場には市場に流通していない絞りたての生酒が登場し、瓶詰め作業なども披露された。試飲した来場者からは「まろやかでおいしい」「深みのある味」と好評の声が上がり、次々と買い求めていた。今回から飲食できる屋外の休憩所も設けられ、青空の下で酒をたしなむ来場者もいた。

 窓乃梅酒造の古賀酵治営業企画部長は「生酒は香りが高く、味は濃厚。蔵開きの時だけの限定販売で、口コミで知られるようになり、毎年訪れる人が増えている」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加