武雄市で窯を開く吉田求さん(61)が、22回目となる春の作陶展を開いている。タタラ板をちぎって重ね、風合いを出した平皿など、作品に加わった作家の手の跡を閉じ込めた、日常使いの器が並ぶ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加