笑みを浮かべた片頬、相槌(あいづち)を打ちながら、人の話に耳を傾ける。佐賀市内の喫茶「コギト」で、池田君は誰かれと無く、よく人と話をしていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加