東京電力によると、22日午前6時10分ごろ、福島第2原発3号機(福島県富岡町、楢葉町)で、使用済み核燃料プールの冷却水を循環させる系統が自動停止した。安全を確認した上で午前7時47分に冷却を再開させた。プールには核燃料2544体が保管されているが、水は十分冷却されており、水漏れや放射性物質の漏えいはないとしている。

 東電によると、福島第1原発(同県大熊町、双葉町)では午前6時38分に、第2原発では31分にそれぞれ1メートルの津波を確認。いずれも人や設備の被害は確認されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加