石蔵文信氏

 佐賀新聞社が主催する佐賀政経懇話会、佐賀西部政経セミナーが13、14日開かれる。大阪大学招へい教授で医師の石蔵文信氏が「熟年離婚と夫源病~妻に捨てられないための五箇条」と題して講演する。会員制だが、一般も有料で聴講できる。

 佐賀政経懇話会は13日に佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で、佐賀西部政経セミナーは14日に武雄市の御船山観光ホテルで開く。いずれも午前11時から。

 石蔵氏は1955年生まれ。82年三重大医学部卒。国立循環器病センター、大阪厚生年金病院などを経て、98年に大阪大医学部保健学科医用物理学講座助手、2007年同准教授。18年4月より現職。

 夫が原因で、妻が体調不良や病気になる「夫源病」の名付け親。主な著書に「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか」(幻冬舎新書)、「妻の病気の9割は夫がつくる」(マキノ出版)など多数。

 一般の聴講料は5千円。申し込みは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加