九州アンサンブルコンテストで金賞を受賞し、全国大会へ進む昭栄中吹奏楽部のアンサンブルチーム=佐賀市の昭栄中学校

 佐賀市の昭栄中吹奏楽部が2月にあった「九州アンサンブルコンテスト」で金賞を受賞し、九州代表として2年連続で全国大会へ出場する。メンバーの内村陽菜さん(15)は「昨年は金だったので、今年も金を目指して頑張りたい」と意気込む。

 アンサンブルコンテストは、3~8人以内で5分以内の曲を演奏する。九州大会には36校が出場し、昭栄中はクラシックのリズムからジャズのリズムに曲調が変化する「ガラスの海と都市の情景」をクラリネット八重奏で挑んだ。音がばらばらになりがちな八重奏を乱れることなくきれいな音色で奏で、曲の情景をうまく表現していた点が評価された。

 同部は、21日に神奈川県横須賀市で開かれる全国大会に九州代表として出場する。内村さんは「8人全員で音程の合わせ方に気をつけて演奏したい」と意気込みを話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加