久光製薬九州本社であった寄付金贈呈式

 久光製薬の役員と社員が社会貢献活動を支援しようと設立した「ほっとハート倶楽部」は、2017年度支援団体として47団体を決定し寄付金総額470万円を贈った。

 このうち、2月22日に同市田代大官町の同社九州本社であった贈呈式では、クリークの魅力を見直す活動をしている佐賀市の「さがクリークネット」や、鳥栖市の発達支援親の会「夢気球」など佐賀、福岡、熊本県内の9団体が出席。高尾信一郎取締役BU本部長が目録を手渡し、「有意義にご活用ください」とあいさつした。

 ほっとハート倶楽部は、同社の創業160周年記念事業の一環として設立。趣旨に賛同した役員と社員が会員となり、会員が毎月拠出した金額に、会社が同額を上乗せして基金を運営している。07年度の設立以来、これまでに延べ335団体に総額3350万円を寄付している。

このエントリーをはてなブックマークに追加