作品を審査する(右から)中里太郎右衛門さん、今泉今右衛門さん、酒井田柿右衛門さん=伊万里市大川内町の伊万里・有田焼伝統産業会館

鍋島大賞(中央)と優秀賞、特別賞を受賞した作品

 「国際アマチュア陶芸展伊万里」の審査会が6日、伊万里市大川内町の伊万里・有田焼伝統産業会館であり、最高賞の「鍋島大賞」に千葉県の松澤幸典さん(66)の「古(ふる)かばん」が選ばれた。

 一般の部に67点、子どもの部に258点が出品され、中里太郎右衛門さんや今泉今右衛門さん、酒井田柿右衛門さんらが審査した。丁寧に作り込んだ力作が多く、審査員は入賞作を選ぶのに苦労していた。

 松澤さんの作品は、革のかばんの質感やステッチなどの細部を巧みに表現し、形状もバランスよく、存在感が際立っていた。今右衛門さんは「持って帰りたいと思わせるような魅力あふれる作品」と評価した。

 子どもの部の優秀賞には、大川内小4年の出屋(でや)寿々花(すずか)さんの「アザラシのショー」が選ばれた。

 陶芸展は今年で35回目。入賞・応募作は24日~4月7日、伊万里・有田焼伝統産業会館に展示される。

 

 他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 【一般の部】優秀賞 増田淳三(京都府)▽特別賞 入江順子(千葉県)▽佳作 高比良柾樹(長崎県)松尾亜弥果(同)福永末子(同)荒木織賀(奈良県)大輪恭子(東京都)

 【子どもの部】特別賞 奥村晴(有田中部小)小森乙葉(有田小)▽佳作 森本美桜子(曲川小)山口ひかり(同)八並由樹(有田小)武市歩実(同)副島那月(大川内小)江向健真(同)山口夏穂(同)渕上優太(同)吉永朱里(長崎県)田中琥大(東京都)

このエントリーをはてなブックマークに追加