「呉昌碩」

古閑七海(小城3)
 6文字の中で力強さと滑らかさを表現することを意識して書きました。また、全体的に黒くなりすぎないように余白を取ることを心がけました。

 

 

 

 

「賀蘭汗造像記」

古賀源次郎(佐賀北3)
 北魏時代の楷書の特徴である、鋭く勢いのある力強い線を引くために、起筆から収筆まで神経を使って書きました。

 

 

 

 

「灌頂歴名」

高木里奈(佐賀北3)
 灌頂記の特徴である重厚な線質や力強い表現を意識し、羊毛ならではの多様な線質を生かし、体を動かして書きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加