佐賀県議会の有明玄海・環境対策等特別委員会(川﨑常博委員長、11人)は6日、理事会を開き、20日に開く特別委員会で、諫早湾干拓事業を巡る訴訟で開門を求める漁業者側の馬奈木昭雄弁護団長に、参考人招致を要請することを確認した。

 開門問題を巡り福岡高裁は5日、開門しない前提の基金案で解決を図る和解勧告の方向性を提示。開門を命じた確定判決がある勝訴原告の漁業者側は、拒否して判決を求める方針を表明している。

 川﨑委員長は「先方の都合がつけば、一連の動きについて現状をうかがいたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加