CAFE MUSEUMの「ガパオライス」

 タイ料理で定番のひき肉まぜご飯「ガパオライス」(850円)。目玉焼きを割り、よくかき混ぜて食べると、バジルやクミン、クローブなどの風味が口いっぱいに広がる。本場タイでは鶏肉を使うが、伊万里市の「CAFE MUSEUM」は合いびき肉を使用。日本人の口に合うように仕上げてあり、男女を問わず大人気だ。

 東京・三軒茶屋のカフェで経験を積んだ樋渡雄希さん(28)が今年5月、元酒店をリノベーションして出店し、中心市街地の回遊拠点「伊萬里まちなか三番館」に指定された。スケートボードの板をカウンター下の板壁に使うなど、店内はアートがあふれる。音楽イベントなども開き、市民の交流の場として活用されている。

 メニューにはピザやブリトー、カレーなど多国籍な「カフェ飯」が並ぶ。ドリンクメニューもこだわりの品ぞろえとなっている。樋渡さんは「もっとメニューを増やし、仲間とわいわい楽しんでもらえる店にしたい」と話す。

店名  CAFE MUSEUM
住所  伊万里市新天町560-2
 (伊万里駅前交差点そば)
営業時間  12時~24時(LO23時半)
定休日  火曜
電話  0955(25)9481
このエントリーをはてなブックマークに追加