JリーグのYBCルヴァン・カップは7日に開幕し、参加チームを16に拡大して1次リーグが行われる。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場する川崎、C大阪、鹿島、柏を除くJ1の14チームと、2001年以来の参加となるJ2勢の甲府、新潟が4組に分かれて実施する。

 A組は若手に好選手が多い仙台、FC東京が中心か。横浜Mはポステコグルー新監督の戦術をなじませる場としても活用したい。新潟はどこまでJ1勢に食い下がるか。

 B組では清水、磐田の静岡勢が火花を散らす。札幌も選手層が厚くなり、1次リーグ突破を狙える陣容。甲府はJ2との両立に苦しみそうだ。

 C組は浦和、名古屋、G大阪、広島と強豪がひしめく激戦区になった。G大阪のクルピ監督は大胆に若手を起用する方針で、市丸や中村はこの大会を機に一気に飛躍する可能性もある。

 D組も湘南、神戸、鳥栖を軸に混戦模様。初参戦の長崎も注目だ。

 各組上位2チームが6月のプレーオフに出場。この勝者4チームとACL勢による準々決勝は9月に行われる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加