「電話お願い手帳」を贈呈するNTT西日本の池冨保支店長(左)と、県聴覚障害者協会の中村稔理事長=佐賀市

 NTT西日本佐賀支店(池冨保支店長)は1日、県聴覚障害者協会(中村稔理事長、会員110人)に、外出先での電話連絡を助ける「電話お願い手帳」を100冊贈った。会員の日常生活の役に立ててもらう。

 手帳には「避難場所に案内して」「病院に連絡して」などのメッセージが書かれ、周囲に協力を求める時に指さしで活用できる。2016年12月からは手帳と同じ機能を備えた無料アプリもある。

 池冨支店長は「会員のみなさまの生活の役に立ててください」と手帳を手渡した。中村理事長は「手帳があれば安心して暮らせる」と謝辞を述べた。

 贈呈式は今年で36回目で、手帳は同協会のほか、県立ろう学校や県庁にも配布される。

このエントリーをはてなブックマークに追加