国際ロータリー2740地区が寄贈したモニターの横に立つ駒井ガバナー(左)と秀島市長=佐賀市役所

 国際ロータリー第2740地区(佐賀、長崎県)は1日、佐賀市の佐野常民記念館に映像展示用の70インチの4Kモニターを贈った。世界文化遺産「三重津海軍所跡」の写真や動画などを表示する。

 同館で除幕式があり、駒井英基ガバナーが「佐賀の偉人たちが独自の技術でつくり、船も完成させた。維新の先駆けとなる事業。何かお手伝いできたら」とあいさつした。秀島敏行市長は「(地下遺構のため)見えない三重津とも言われる。保存はしやすいが『見える化』も大事」と感謝を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加