「にしむら」のハンバーグ定食

 佐賀市呉服元町のノスタルジックな「中央マーケット」の中に、店を構える「にしむら」。気さくな人柄から、常連客たちに「おばちゃん」と呼び親しまれる西村洋子さん(73)が1人で切り盛りする、家庭的な定食屋だ。

 ハンバーグ定食(630円)は、大人の手のひらでも隠せないほど大きなハンバーグに、手製のジャポネソースがたっぷりかかる。中央マーケット内で仕入れた肉に、生タマネギ、卵、牛乳などを加え、つなぎは使わずやわらかく仕上げており、ボリュームの割には重くなく、すんなり食べられる。

 24年ほど前に八幡小路で開店し、現在地に移転して14年目。八幡小路の頃は高校生客も多かったため、ハンバーグが大きくなった。落とし卵入りのみそ汁と、日替わりの小鉢、コーヒー付き。

 他に、豚しょうが焼き、煮魚、焼き魚、ピラフ、鶏の唐揚げの定食があり、いずれも630円。値段は20年以上変わらず、心配する常連客から値上げを勧められることも。西村さんは「ずっとこのままでいくよ」と気にも留めない。

 

店名  にしむら
住所  佐賀市呉服元町2-24
営業時間  月~土11時半~17時
定休日  日曜祝日
電話  0952(25)2821

 

このエントリーをはてなブックマークに追加