松山所長から委任状を受け取る川原さん=佐賀市の献血プラザ佐賀

 人気アイドルグループ「AKB48」の「Team8」に所属する佐賀県代表の川原美咲さんが3日、県赤十字血液センターの1日献血ルーム所長に就任した。若い世代に向けた献血推進キャンペーンの一環で、献血が減っている10代、20代に協力を呼び掛けた。

 佐賀市の献血プラザ佐賀であった任命式で、松山博之所長から任命状を受け取った川原さんは「献血は世界中、日本中の人を救う大切なこと」と協力を呼び掛け、献血した人たちに記念のバッジを配った。

 血液センターによると、県内の10~20代の献血者は2015年度は6169人で、過去5年間で減少が続いている。同センターは「2025年になると、国内で85万人分の血液が不足するという試算もある。若い人が献血に触れるきっかけをつくることが大切」と話した。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加