事務所開きで、集まった支持者に出馬への思いを語る岡本憲幸氏(左)=唐津市神田

 来年1月22日告示、29日投開票の唐津市長選に立候補を表明している前副市長の岡本憲幸(けんこう)氏(61)=菜畑=が4日、唐津市神田に後援会事務所を開いた。岡本氏は集まった約350人(事務所発表)を前に「人生最大の選択をした。私の中の魂が熱く燃えたぎっている」と出馬に向けた覚悟を語った。

 岡本氏は「私を鍛え、育てていただいた唐津市を、さらに強く、さらに元気に、そして子や孫が希望を持てるまちづくりをしたい」と決意を述べた。後援会長で陶芸家の中里太郎右衛門氏は出張で不在だったが、「清廉潔白で人望も厚い。財政運営の要として市を長く支えてきた。その手腕を各界の人が評価している」とのメッセージが代読された。

=唐津市長選 2017=

このエントリーをはてなブックマークに追加