6500本の白梅が見ごろを迎えた伊万里梅園=伊万里市木須町

 伊万里市木須町の伊万里梅園で、約6500本の白梅が見ごろを迎えた。寒かった冬を耐えてきたつぼみがようやく開き、春の到来を感じさせるさわやかな香りに包まれている。

 梅園は約50軒の農家が広さ24ヘクタールに「小梅」「古城(ごじろ)」「南高」の3種類を栽培し、県内一の収穫量を誇る。JA伊万里によると、寒波の影響で開花が例年より半月遅れたため、3月中旬まで楽しめるという。園内には約100台収容の無料駐車場がある。

 佐賀地方気象台によると、2日の県内は春らしい陽気となり、嬉野市で最高気温14・9度、伊万里市で14・4度を記録。暖かい日はしばらく続くという。

このエントリーをはてなブックマークに追加