手作りのブーメランを飛ばして遊ぶ児童

 身近な材料を使って子どもたちが作って遊べるおもちゃを講師の田中茂子先生に教えていただきました。ブーメランは幅2センチ長さ22.5センチの厚紙2枚の中心を十字に重ね、貼り合わせて作りました。

 「さあ、みんなで飛ばしますよ、手首のスナップを利かせて斜め上に飛ばすと戻ってくるからね、キャッチしましょう!」。先生の掛け声に、次々と飛ばすと回転しながら戻ってきます、何回も挑戦してはキャッチできると「先生すごい、すごい、戻ってきたよ、見てて」と、うれしそうに駆け寄り伝えてくれました。みんな大喜びです。その後、メンコ飛ばし、フリスビーも作って何回も飛ばし、楽しく遊びました。

 バランスを考え自分で作ることを学び、何回も工夫して飛ばし、遊ぶことの楽しさや面白さを体験できました。体育館の中は子どもたちのすてきな笑顔と大きな歓声が響き渡りました。家に帰り家族と一緒に遊んで、たくさんお話をしてほしいと思います。(コーディネーター・阿部春代)

このエントリーをはてなブックマークに追加