川崎和憲さんの指揮でベートーベンの曲を演奏するアルモニア管弦楽団=佐賀市の佐賀市文化会館

 佐賀市出身で東京芸大教授の川崎和憲さんが指揮するクリスマスコンサートが4日、佐賀市の佐賀市文化会館であった。佐賀の市民オーケストラ・アルモニア管弦楽団が力強い演奏を披露し、24日の“聖夜”へのムードを高めた。

 コンサートでは、ベートーベンの「レオノーレ第3番」やモーツァルトの「協奏交響曲」など、川崎さんの鮮やかなタクトの動きに合わせて楽団員が息の合った躍動感のあるステージを展開した。1曲演奏を終えるごとに大きな拍手が起こり、会場が一体になり盛り上がった。演奏を聴いた北九州市の中村亮介さん(33)は「クラリネットのソロパートなど聴き応え十分だった」と笑顔をみせた。

 コンサートは調剤薬局などを経営するミズ(佐賀市)が地域貢献活動の一環として毎年年末に開催し、今年で8回目を迎える。約1800人が聴き入った。

このエントリーをはてなブックマークに追加