長崎戦に向けた練習で、競り合うDF吉田(中央)とMF河野。左はDF小林=2月28日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第2節の3日午後7時から、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎でJ1初昇格のV・ファーレン長崎と対戦する。新たなダービーの幕開けとなる一戦。J1参戦7年目の誇りを胸に、今季初勝利をつかみたい。

 鳥栖は開幕戦で神戸に1-1で引き分けた。前半開始早々にFW田川のPKで先制したが、後半神戸の猛攻を受け、試合終了間際に失点した。MF原川は「(後半は)意図のないプレーが増えて流れが悪くなった。勝ちきらないといけなかった」と振り返る。

 長崎は湘南との開幕戦で1-2で競り負けた。序盤に失点したが、得意のセットプレーから同点に追い付いた。しかし、後半終盤に勝ち越しを許した。鳥栖のフィッカデンティ監督は「(長崎は)しっかり走れるチーム。主導権を握りたい」とイメージする。

 鳥栖は前節、指揮官がインフルエンザでベンチに入らなかったが、主将のDF吉田は「普段感じることのない気付きもあった。いい経験になった」と収穫を得た様子。ビジター自由席が完売するなど大観衆に包まれる中での一戦となりそうで、諫早市が地元の田川は「長崎のパワーに負けず、自信を持ってぶつかりたい」と意気込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加