伊万里高野球部の犬塚晃海主将に記念品を贈る原口隆さん=伊万里高グラウンド

1968年の選抜高校野球大会に出場した佐賀工高野球部OBが伊万里高野球部員に贈ったマグカップ

 1968年の甲子園に春夏連続出場した佐賀工高野球部のOBが1日、選抜高校野球大会に出場する伊万里高野球部の選手らに記念品を贈った。半世紀を経て同じ舞台に上がる球児にエールを贈った。

 大会に出場から50年を記念し、選手だった有田町の原口隆さん(67)が、同級生の野球部員に呼び掛けた。記念品はマグカップで、同町で陶磁器の企画製造販売を行う原口さんが仕上げた。50年前に出場した時の記念メダルを図案化し、「全力に悔いなし」などの言葉とともに、部員一人一人の名前を入れている。

 伊万里高グラウンドであった贈呈式では、原口さんが甲子園での思い出を語り「高校生らしくプレーし、素晴らしい思い出をつくって」と呼び掛けた。野球部を代表して犬塚晃海主将が「記念品を大事に使いたい。応援に応えられるよう全員で頑張ってきたい」と健闘を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加