佐賀市は新年度、路線バスに乗車するきっかけをつくろうと、市内の高校生約1万人に路線バスのお試し券150円分を2枚ずつ配布する。券にはアンケートを付けて利用実態を探り、路線バスの効果的なPRにつなげる。

 市内を運行している市営バス、西鉄バス、昭和バス、祐徳バスの四つの路線バスが対象。券にはバスの乗り方などを紹介するPRチラシや、バス利用の有無、乗降場所などを質問するアンケートを付ける。各学校を経由して配る予定。2018年度当初予算案に100万円を計上した。

 市企画政策課は「通学手段の選択肢の一つとして、バスの利用を考えてほしい。バス会社と情報を共有して、利用者の増加につなげたい」と期待する。

 利用促進策ではこのほか、市営バスは1日から月額3500円で全路線乗り放題になる中高生向けの定期券「ノリのりワイド」や、午前9時から午後4時の間に全路線乗り放題になる「昼のりワイド」(月3500円)も発売し、多彩な試みで路線バスの利用を促す。二つの乗り放題券は4月から利用できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加