佐賀市が取得する県緑化センター跡地。パラソル型の構造物も活用する=佐賀市高木瀬町

 佐賀市は、2013年度に閉鎖した佐賀県緑化センター跡地(高木瀬町)を取得し、公園として整備する。開園時期は未定で、20年度に着工する。新年度一般会計予算案に事業費4367万円を計上した。

 整備面積は約1万8700平方メートル。県から4318万円で取得する。センター閉鎖後、地元自治会から公園整備の要望書が提出され、市が公園化を検討していた。地元との意見交換をしながら、整備計画をまとめる。

 跡地に残っている樹木やパラソル形の構造物も生かし、整備費用を抑制する。市内では中規模の公園になる予定で、アクセス道路も整備する。市緑化推進課は「市民の意見を聞きながら、親しんでもらえる公園にしたい」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加