角雅人

 レスリングのアジア選手権が27日、キルギスのビシケクで開幕し、男子グレコローマン87キロ級に出場した鳥栖工高出身の角雅人(自衛隊)が準優勝を飾った。

 同階級には10選手が出場した。角は2回戦、準決勝と勝ち上がり、決勝はイランの選手に0-3で敗れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加