昨秋に話を聞いたときの第一声は「悔しい」だった。社会の中で感じた不便さの解消に向けた提案を競う高校生の全国コンテストで、準優勝した有田工高チームの3人は、喜びよりも栄冠を逃した無念さを語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加