本選で演奏を披露する緒方心愛さん=福岡市の福岡女学院ギール記念講堂

 第5回九州新聞社ピアノコンクール本選が24、25の両日に福岡県福岡市の福岡女学院ギール記念講堂で開かれた。510人が応募した中から2度の予選を勝ち抜いた239人が熱演を繰り広げ、小学5・6年課題曲の中島瑛太君(多久市・東原庠舎中央校)ら16人とデュオ2組がグランプリに輝いた。

 演奏曲や年齢で15コースに分かれて競演した。2歳から一般までのソロ13コース、デュオ2コースがあり、グランプリ、準グランプリ、最優秀賞、優秀賞を選出した。

 4月22日にエスプラッツホール(佐賀市)で受賞者記念コンサートが開かれる。コンサートで審査員の横山幸雄さんと連弾できる横山幸雄賞には、自由曲部門から42人を選んだ。

 各コースのグランプリは次の通り(敬称略)。

 2歳 二本木莉愛(古賀市)▽幼児A 橋詰武(佐賀市・若楠幼稚園)▽幼児B 緒方心愛(同・嘉瀬こどもの森)野田秀真(同・ひなた村自然塾保育園)▽小学1・2課題曲 江内田和(同・佐賀大附属小)野口煌太郎(同・本庄小)▽小学3・4課題曲 山結愛(北九州市・企救丘小)江藤幹太(太宰府市・太宰府東小)▽小学5・6課題曲 中島瑛太(多久市・東原庠舎中央校)▽小学1・2自由曲 竹之下楓(糟屋郡・仲原小)▽小学3・4自由曲 古川文萌(朝倉郡・三輪小)竹之下茜(糟屋郡・仲原小)▽小学5・6自由曲 先立有佐(福岡市・三宅小)▽中学生 佐藤雄太(同・筑紫丘中)▽高校生 楠元花実(熊本市・真和高)▽大学生 納富ゆい(宗像市・福岡教育大)▽デュオB 小笹千尋(福岡市・原北小)小笹芭奈(同)▽デュオC 納富ゆい(宗像市・福岡教育大)中村英莉子(同)

このエントリーをはてなブックマークに追加