春のおとづれ 大和池坊 古川秀子

風雪に耐え、りんとした清雅な梅。一輪一輪と花をつけ、香りの中にかすかな春の訪れを感じました。

 ▷花材=ウメ▷花器=銅器

(佐賀新聞社玄関に展示しています。自由にご覧ください。次回は一葉式いけ花)

このエントリーをはてなブックマークに追加