バレーボール女子のプレミアリーグは4日、愛知県の岡崎中央総合公園総合体育館などであり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)はJTを3-0で破った。通算成績は8勝3敗で首位を守った。

 久光製薬は、第1セットで競り勝って勢いに乗り、第2セットは序盤から新鍋理沙、トカルスカのアタックで突き放した。第3セットはセッター中大路絢野を起点に新鍋、長岡望悠らが幅広いサイドアタックを繰り出し、相手を寄せ付けなかった。

 久光製薬は10日、佐賀市の県総合体育館でPFUと対戦する。

 ▽女子

久光製薬(25) 3 25―21 0 JT(18)

           25―16

           25―18

NEC(20) 3 29―31 1 トヨタ車体(14)

          25―22

          28―26

          25―21

日立(24) 3 22―25 1 PFU(6)

         25―20

         25―20

         25―23

東レ(13) 3 25―20 1 岡山シーガルズ(12)

         22―25

         25―23

         25―12

 ▽男子

東レ(20) 3 25―20 1 JT(10)

         25―22

         23―25

         25―22

豊田合成(18) 3 22―25 2 ジェイテクト(15)

           25―23

           25―20

           13―25

           15―10

パナソニック(26) 3 27―25 0 サントリー(20)

             25―15

             25―21

堺(11) 3 25―17 0 FC東京(0)

        25―21

        25―20

このエントリーをはてなブックマークに追加