佐賀県は、昨年4月に施行された県犯罪被害者等支援条例に基づき、支援推進の計画案を作成した。計画期間は2018年度から3年間。犯罪被害者への支援に関する情報提供や関係機関との連携を軸とした取り組みを盛り込んでいる。パブリックコメント(意見公募)を3月18日まで実施し、3月中に策定する予定。

 計画案では、被害者らへの各種情報提供、精神的・経済的支援、関係機関との相互連携、理解促進の四つを取り組みの柱とした。新年度からは、県くらしの安全安心課に支援コーディネーターを配置するほか、情報共有システムの導入に取り組み、警察や行政、民間支援団体の連携強化につなげるとしている。

 計画案は、関係機関や団体が被害関係者に聞き取りをした上で、昨年12月に有識者会議を開いて作成した。県庁やアバンセなどで閲覧できる。パブリックコメントは郵送やファクス、電子メールで受け付ける。ファクスは0952(24)9567。

このエントリーをはてなブックマークに追加