赤や黄色に色づいたミニトマトを収穫し、その場で味わう子どもたち=みやき町中津隈の田中園芸

 親子連れなどを対象にしたミニトマトの収穫体験が24日、みやき町中津隈の田中園芸のビニールハウスであった。園児や小学生、保護者ら約40人がハウス内で色づいたミニトマトの収穫に挑戦し、採れたトマトでピザを焼いた。

 町内若手農業関係者が、子どもたちに農業の魅力を知ってもらおうと初めて開催した。同園芸の田中節士さん(40)が「色が濃いトマトを選んで」「無理して引っ張らずに、優しくちぎって」などと収穫のコツを説明した後、子どもたちはハウス内で収穫開始。赤や黄色、紫に色づいたトマトをちぎり、採れたてのおいしさを味わった。

 収穫後は、トマトをふんだんに使ったピザ作り。小麦と米粉のピザ生地を伸ばし、新鮮なトマトやチーズをトッピングし、炭を使ったピザ窯で焼き上げた。完成したピザを試食した子どもたちは「美味しい」と満足そうな笑顔を見せた。

 田中さんは「また開催してほしいとの声もあった。農業への関心を高めるため、第2弾、第3弾も企画したい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加