練習前に振り付けを確認するMAYUMIさん=福岡県内

「ダンスでみんなを笑顔にしたい」と話すハニーズのMAYUMIさん=福岡県内

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの選手を軽快なダンスで後押しする「ハニーズ」の2018年度メンバーに、佐賀県出身のMAYUMIさんが合格して活動している。公式戦などで球場を盛り上げるダンス&パフォーマンスチーム。「(合格した時は)飛び跳ねて喜びたいぐらいうれしかった。ずっとどきどきしていた」と白い歯を見せ、スタジアムデビューの時を待つ。

 ダンスを始めたのは小学3年生の時。自宅付近の体育館で開かれていた体験会がきっかけだった。「最初は楽しむ程度で、徐々に魅力を感じてはまっていった」。人前で話をすることは苦手だったが、「ダンスだと人前でも恥ずかしくない。自分を表現できる」と全力を注いだ。

 小学6年生で描いた夢は「プロダンサーになってみんなを笑顔にする」。夢をかなえるために、ひたすら練習に明け暮れた。高校2年の夏。はじける笑顔で踊るハニーズの姿を見て「一人一人のパワーがすごい。いつかあの場所で」と思いはさらに強くなった。

 メンバー選考会は1月上旬に行われ、合格者19人という狭き門をくぐった。オーディションに合格したからといって、全員が球場の芝生を踏めるわけではない。その中で「パフォーマンス力、表現力がほかより抜けていた」ことが認められて、すでにオープニングのレギュラーメンバーに抜てきされている。

 3月のオープン戦でデビューを果たす。「明るくて元気、かわいらしいいというハニーズの印象に、かっこよさやセクシーさをプラスしていきたい」と意欲。「熱い思いや感謝を詰め込んで最高のパフォーマンスをして、純粋に楽しんでもらえるようにしたい」と躍動を誓う。

このエントリーをはてなブックマークに追加